Top >  三菱(mitsubishi) >  ランサー ワゴン (三菱 ランサー ワゴン)

ランサー ワゴン (三菱 ランサー ワゴン)

221616.com【ガリバー】

三菱 ランサー ワゴンの新車中古車情報満載。ランサー ワゴンの買取り相場や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、ランサー ワゴンオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探すことが出来ます。

mitsubishi ランサー ワゴンの過去のモデルまで詳細なデータを掲載。
気になる車種の比較も簡単にすることが出来ます。

三菱ランサー ワゴンを売却をお考えの方には買い取り価格(下取り価格)や相場も知ることが出来ますよ。

そのほか車の乗り換えや買い替えに必要な知識

  • 賢い車の手放し方
  • 賢い中古車購入法
  • 賢い新車購入法
などなど車に関する最新情報が満載です。
三菱 ランサー ワゴンの市場相場と、ユーザー投稿によるリアルな値引き情報を入手。

ランサー ワゴンをクリックしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

2000年にデビューしたランサーセディアワゴンはその名のとおり三菱の屋台骨を支える小型セダン、ランサーセディアのワゴンモデル。カローラ、サニークラスながら居住性に優れるパッケージングが与えられたランサーをベースとするだけに、居住性、積載量とも良好だ。搭載されるエンジンは130psを発揮する1.8リッターの直噴DOHC"GDI"ユニットのみでデビューしたが、後に165psを発揮するターボ付モデルもラインナップに加わっている。また、駆動方式はランサーセディアと同様にFFのほか、ビスカスカップリングを用いた4WDもラインナップ、組み合わせられるトランスミッションはCVTとマニュアルモード付のCVTを用意する。サスペンション形式はフロントがストラット、リアにはマルチリンクを採用、優れたロードホールディングと積載性能を両立している。

2003年に大規模なマイナーチェンジを実施、セディアのサブネームが外れてランサーワゴンとなった。同時に90psを発生する1.5リッターエンジンがラインナップに加わった。その他のエンジンラインナップは114psを発生する1.8リッター直噴DOHC、165psを発生する1.8リッター直噴DOHCターボという布陣となる。デビュー当初は多彩に用意されたグレードは整理され、現在は1.5リッターFFのS、1.8リッターFF/4WDのツーリング、同ターボFFのラリーアートの3グレード構成となり、ラリーアートにはスポーツモード付4速ATが、その他グレードにはCVTが組み合わされている。ラリーアートはレカロ製シートや専用デザインの16インチホイールが与えられるなど、スポーティな仕立てが施される。

ランサーワゴンはセダンモデル同様、高い安全性と環境性能が特徴となる。EBD付ABS&ブレーキアシストや運転席&助手席エアバッグは全モデルに標準。環境性能も1.5リッターモデルは平成17年基準排出ガス75%低減レベルに適合、また平成22年度燃費基準もクリア、グリーン税制の対象となっている。

三菱(mitsubishi)

三菱自動車中古車

関連エントリー

i(アイ) (三菱 i(アイ)) アウトランダー (三菱 アウトランダー) レグナム (三菱 レグナム) ランサーエボリューション (三菱 ランサーエボリューション) ランサー ワゴン (三菱 ランサー ワゴン) ミニキャブ トラック (三菱 ミニキャブ トラック) ミニキャブ (三菱 ミニキャブ) ディアマンテ (三菱 ディアマンテ) ミニカ (三菱 ミニカ) パジェロ ミニ (三菱 パジェロ ミニ) パジェロ イオ (三菱 パジェロ イオ) デリカ スペースギア (三菱 デリカ スペースギア) パジェロ (三菱 パジェロ) デリカ スターワゴン (三菱 デリカ スターワゴン) ディンゴ (三菱 ディンゴ) ディアマンテ ワゴン (三菱 ディアマンテ ワゴン) ディオン (三菱 ディオン) チャレンジャー (三菱 チャレンジャー) タウンボックス (三菱 タウンボックス) ジープ (三菱 ジープ) コルト プラス (三菱 コルト プラス) コルト (三菱 コルト) シャリオ グランディス (三菱 シャリオ グランディス) グランディス (三菱 グランディス) ギャラン (三菱 ギャラン) エクリプス (三菱 エクリプス) エアトレック (三菱 エアトレック) RVR (三菱 RVR) GTO (三菱 GTO) FTO (三菱 FTO) eKワゴン (三菱 eKワゴン) eKスポーツ (三菱 eKスポーツ) eKアクティブ (三菱 eKアクティブ) ミニカ トッポ (三菱 ミニカ トッポ) eKワゴン (三菱 eKワゴン)