Top >  三菱(mitsubishi) >  コルト プラス (三菱 コルト プラス)

コルト プラス (三菱 コルト プラス)

221616.com【ガリバー】

三菱 コルト プラスの新車中古車情報満載。コルト プラスの買取り相場や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、コルト プラスオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探すことが出来ます。

mitsubishi コルト プラスの過去のモデルまで詳細なデータを掲載。
気になる車種の比較も簡単にすることが出来ます。

三菱コルト プラスを売却をお考えの方には買い取り価格(下取り価格)や相場も知ることが出来ますよ。

そのほか車の乗り換えや買い替えに必要な知識

  • 賢い車の手放し方
  • 賢い中古車購入法
  • 賢い新車購入法
などなど車に関する最新情報が満載です。
三菱 コルト プラスの市場相場と、ユーザー投稿によるリアルな値引き情報を入手。

コルト プラスをクリックしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

コルトプラスは三菱のコンパクトカーであるコルトから派生したモデル。コルトをベースに、日常の使い勝手の良さと、取り回しの良さはそのままに、ワゴンとして荷室まわりのユーティリティを加えた”ワゴンコンパクト”は’04年12に月誕生した。コルトプラスとコルト、デザイン上で最大の違いはリアオーバーハングの長さ。コルトプラスはコルトに比べて300mmほどオーバーハングを延長し、荷室の拡大をはかっている。また同時に、エレクトロニックテールゲートやワンタッチフォールディングシート、フレキシブルカーゴフロアを採用することで、荷室の使い勝手向上もはかっている。エンジンは新開発の1.5リッター直4ターボと自然吸気の1.5リッター直4の2種類を用意している。この1.5リッターターボエンジンはターボでありながらも熱容量の低いステンレス製エキゾースト製エキゾーストマニホールドやフロント触媒などの採用により、平成17年排出ガス基準50%低減(★★★)を達成している。

04年12月現在、コルトプラスに設定されているグレードは以下のとおり。サイドシールドガーニッシュや前後ディスクブレーキなどが装着されたスポーツ X、スタイリッシュなスポーツ内装が自慢のスポーツ、ウォーム内装による洗練されたインテリアと、快適性能の充実が自慢のエレガンスX、ベーシックなスタンダード、そしてターボエンジンを搭載したスポーツモデルのラリーアートとなっている。駆動方式はFFと4WDの2パターンが用意されているが、ラリーアートはFFのみに。トランスミッションは全グレードCVTのみ。エンジンは自然吸気の1.5リッター直4と1.5リッターターボの2種類があるが、駆動方式により最高出力の差が設けられており、FFが105馬力、4WDが102馬力となっている。

三菱(mitsubishi)

三菱自動車中古車

関連エントリー

i(アイ) (三菱 i(アイ)) アウトランダー (三菱 アウトランダー) レグナム (三菱 レグナム) ランサーエボリューション (三菱 ランサーエボリューション) ランサー ワゴン (三菱 ランサー ワゴン) ミニキャブ トラック (三菱 ミニキャブ トラック) ミニキャブ (三菱 ミニキャブ) ディアマンテ (三菱 ディアマンテ) ミニカ (三菱 ミニカ) パジェロ ミニ (三菱 パジェロ ミニ) パジェロ イオ (三菱 パジェロ イオ) デリカ スペースギア (三菱 デリカ スペースギア) パジェロ (三菱 パジェロ) デリカ スターワゴン (三菱 デリカ スターワゴン) ディンゴ (三菱 ディンゴ) ディアマンテ ワゴン (三菱 ディアマンテ ワゴン) ディオン (三菱 ディオン) チャレンジャー (三菱 チャレンジャー) タウンボックス (三菱 タウンボックス) ジープ (三菱 ジープ) コルト プラス (三菱 コルト プラス) コルト (三菱 コルト) シャリオ グランディス (三菱 シャリオ グランディス) グランディス (三菱 グランディス) ギャラン (三菱 ギャラン) エクリプス (三菱 エクリプス) エアトレック (三菱 エアトレック) RVR (三菱 RVR) GTO (三菱 GTO) FTO (三菱 FTO) eKワゴン (三菱 eKワゴン) eKスポーツ (三菱 eKスポーツ) eKアクティブ (三菱 eKアクティブ) ミニカ トッポ (三菱 ミニカ トッポ) eKワゴン (三菱 eKワゴン)