Top >  三菱(mitsubishi) >  RVR (三菱 RVR)

RVR (三菱 RVR)

221616.com【ガリバー】

三菱 RVRの新車中古車情報満載。RVRの買取り相場や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、RVRオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探すことが出来ます。

mitsubishi RVRの過去のモデルまで詳細なデータを掲載。
気になる車種の比較も簡単にすることが出来ます。

三菱RVRを売却をお考えの方には買い取り価格(下取り価格)や相場も知ることが出来ますよ。

そのほか車の乗り換えや買い替えに必要な知識

  • 賢い車の手放し方
  • 賢い中古車購入法
  • 賢い新車購入法
などなど車に関する最新情報が満載です。
三菱 RVRの市場相場と、ユーザー投稿によるリアルな値引き情報を入手。

RVRをクリックしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

レクレーション.ビークル.ランナー、略してRVR。この車がはじめて三菱のラインナップに登場したのは91年のこと。2代目シャリオの基本コンポーネンツを流用して作られた2列シートのハイトワゴンなのである。シャリオと異なり、後部ドアがスライドドアだったのが大きな特徴。92年にはグリルガードを備えたアクティブなルックスを持つスポーツギヤが登場した。97年にフルモデルチェンジを行い2代目へ。基本コンポーネンツは、また3代目シャリオと共用しているのだが、3代目シャリオが3ナンバーサイズになったのに対して、2代目RVRは5ナンバーサイズを守り通した。乗車定員は4人もしくは5人。エンジンは1.8リッターのGDIと2.4リッターのGDIのほかに2.0リッター.ターボも用意し、グレードにより使い分けていた。99年1月には最上級グレード”スーパーエクシード”を追加。同年10月には一部モデルを除いてリアにデュアル.スライドドアを採用。また、ボディ前後にエアロパーツを装着したエアロというモデルも設定した。その後は変更もなく02年8月に製産を終了した。

最終型のRVRに設定されていたグレードはスポーツギア.エアロ、スポーツギアX2、スポーツギアX、スーパーエクシード、X2タイプS、X2リミテッド、X2、Xリミテッド、Xと多様。エンジンも直4の2.4リッター、直4の2.0リッターターボ、直4の1.8リッターと3種類用意されていた。トランスミッションはINVECS-IIスポーツモード付き4速AT、4速AT、5速MTの3種類が用意されていたが、5速MTが選択できたのは2.0リッターターボのスポーツギアX3のみであった。駆動方式はFFと4WDの2種類あり、乗車定員も4人と5人の2タイプ設定されていた。シートアレンジは4人乗りがベンチタイプのチップアップ&ロングスライド式で、5人乗りは左右独立取り外し可能のセパレート式となっている。ただし、スポーツギアは5人乗りであるが、リアシートは左右独立取り外し可能のセパレート式になっていないのでご注意を。

三菱(mitsubishi)

三菱自動車中古車

関連エントリー

i(アイ) (三菱 i(アイ)) アウトランダー (三菱 アウトランダー) レグナム (三菱 レグナム) ランサーエボリューション (三菱 ランサーエボリューション) ランサー ワゴン (三菱 ランサー ワゴン) ミニキャブ トラック (三菱 ミニキャブ トラック) ミニキャブ (三菱 ミニキャブ) ディアマンテ (三菱 ディアマンテ) ミニカ (三菱 ミニカ) パジェロ ミニ (三菱 パジェロ ミニ) パジェロ イオ (三菱 パジェロ イオ) デリカ スペースギア (三菱 デリカ スペースギア) パジェロ (三菱 パジェロ) デリカ スターワゴン (三菱 デリカ スターワゴン) ディンゴ (三菱 ディンゴ) ディアマンテ ワゴン (三菱 ディアマンテ ワゴン) ディオン (三菱 ディオン) チャレンジャー (三菱 チャレンジャー) タウンボックス (三菱 タウンボックス) ジープ (三菱 ジープ) コルト プラス (三菱 コルト プラス) コルト (三菱 コルト) シャリオ グランディス (三菱 シャリオ グランディス) グランディス (三菱 グランディス) ギャラン (三菱 ギャラン) エクリプス (三菱 エクリプス) エアトレック (三菱 エアトレック) RVR (三菱 RVR) GTO (三菱 GTO) FTO (三菱 FTO) eKワゴン (三菱 eKワゴン) eKスポーツ (三菱 eKスポーツ) eKアクティブ (三菱 eKアクティブ) ミニカ トッポ (三菱 ミニカ トッポ) eKワゴン (三菱 eKワゴン)