Top >  フォルクスワーゲン(volkswagen) >  ビートル (フォルクスワーゲン ビートル)

ビートル (フォルクスワーゲン ビートル)

221616.com【ガリバー】

フォルクスワーゲン ビートルの新車中古車情報満載。VW ビートルのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、VWビートルオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探すことが出来ます。

フォルクスワーゲン ビートルの過去のモデルまで詳細なデータを掲載。
気になる車種の比較も簡単にすることが出来ます。

フォルクスワーゲン ビートルを売却をお考えの方には買い取り価格(下取り価格)や相場も知ることが出来ますよ。

そのほか車の乗り換えや買い替えに必要な知識

  • 賢い車の手放し方
  • 賢い中古車購入法
  • 賢い新車購入法
などなど車に関する最新情報が満載です。
VWビートルの市場相場と、ユーザー投稿によるリアルな値引き情報を入手。

今すぐ、VW ビートルをクリックしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

フォルクスワーゲン ビートルのプロフィール(ガリバー車買り査定より)

「ビートル(かぶとむし)」の愛称で知られる世界的名車。その誕生はナチス政権下のドイツにおいて、後に世界有数のスポーツカーメーカーとなるポルシェを創設したフェルディナント・ポルシェ博士と、独裁者アドルフ・ヒトラーとの出会いによってもたらされた。当時、エンジニアとして高性能かつ経済性に優れた小型車の設計に情熱を燃やしていたポルシェと、一部の富裕層にのみ使われていた自動車を広く大衆にも行き渡らせるべく、「国民車(=Volks Wagen)構想」を抱いていたヒトラーの思惑が一致。そこからヒトラーがポルシェの活動を強力にバックアップする関係が成立し、1938年に完成したのが後に多くの派生モデルを生み出すこととなるVW38(ヒトラーによりKdFという名称を与えられた)であった。1945年にドイツ第三帝国が第二次大戦に敗戦した後、VW38を製造していたKdF工場は連合国側に接収された。それからKdFの名はフォルクスワーゲンに改められ、長い年月をかけてメカニズムの改良とバリエーションの拡大を繰り返しながら、広く世界へと輸出される「世界の大衆車」へと変貌を遂げていったのである。ちなみに「ビートル」という愛称は輸出先のアメリカでつけられたものだ。ビートルはその後、世界20カ国以上で生産されたが、ドイツ国内での製造は1978年に終了し、それまでに1620万台以上が生産された。その後もメキシコ工場では継続生産されて約170万台を製造。累計では2152万9464台のビートルが生産され、2003年7月30日、その長い歴史に幕を降ろした。

およそ68年間という長い歴史を数えたにもかかわらず、開発当初から採り入れられた空冷式水平対向4気筒エンジン、プラットフォームパネルとバックボーンフレームを組み合わせたシャシー、トーションバーを用いた4輪独立懸架サスペンション、そしてエンジンをリアに搭載して後輪を駆動するRRレイアウトといった基本メカニズムは不変であった。ボディ形状は2ドアクーペを基本に、ソフトトップを備えたカブリオレも早い時期から用意されていた。仕向け地や時代の潮流に合わせた細かな改良、排気量のアップなどは常に繰り返されていったが、一度たりとも大がかりなフルモデルチェンジを行うことなく21世紀まで生産されたこともまた、ビートルが他と一線を画す特徴である。

2152万9464台目となった記念すべき最後のビートルは、メキシコ工場からラインオフされた後、ドイツ・ウォルフスブルクのオートミュージアムに展示された。「ウルティマエディシオン(最終エディション)」と名付けられた最終モデルは1.6リッター水平対向4気筒エンジンを搭載し、ボディはアクエリアスブルーに彩られていた。クローム仕上げのストリップ、バンパー、ハブキャップ、ミラーが与えられ、グローブボックスには「ウルティマエディシオン」のエンブレムを装着。3000台の限定生産モデルとして有終の美を飾った。

フォルクスワーゲン(volkswagen)

フォルクスワーゲン中古車

関連エントリー

ポロ (フォルクスワーゲン ポロ) ニュー ビートル (フォルクスワーゲン ニュー ビートル) ビートル (フォルクスワーゲン ビートル) ニュービートルカブリオレ (フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレ) トゥアレグ (フォルクスワーゲン トゥアレグ) ジェッタ (フォルクスワーゲン ジェッタ) ゴルフ ワゴン (フォルクスワーゲン ゴルフ ワゴン) ルポ (フォルクスワーゲン ルポ) ゴルフ (フォルクスワーゲン ゴルフ)