Top >  BMW >  5シリーズ (BMW 5シリーズ)

5シリーズ (BMW 5シリーズ)

221616.com【ガリバー】

BMW 5シリーズの新車中古車情報満載。5シリーズのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、5シリーズオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探すことが出来ます。

BMW5シリーズの過去のモデルまで詳細なデータを掲載。
気になる車種の比較も簡単にすることが出来ます。

BMW 5シリーズを売却をお考えの方には買い取り価格(下取り価格)や相場も知ることが出来ますよ。

そのほか車の乗り換えや買い替えに必要な知識

  • 賢い車の手放し方
  • 賢い中古車購入法
  • 賢い新車購入法
などなど車に関する最新情報が満載です。
BMW5シリーズの市場相場と、ユーザー投稿によるリアルな値引き情報を入手。

今すぐ、5シリーズをクリックしてみてください。  5シリーズ ツーリングをお探しの方はこちらをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓

BMW 5シリーズのプロフィール(ガリバー車買り査定より)

先代5シリーズ(E39)は良く言えば端正、悪く言えば没個性的なデザインで、もちろん手堅く売れはしたのだが、大ヒットとまではいかなかった。しかし、現在のBMWのチーフ.デザイナー、クリス.バングルの進めるデザインアイデンティティ政策のなかで、新型5シリーズ(E60)は大きく生まれ変わった。 03年に登場した現行モデルは7シリーズで世界中を驚かせたiドライブを搭載、またアクティブ.ステアリングをはじめとする最新技術を前面にアピール、どちらかといえば保守的な進化を遂げたライバル、メルセデスベンツEクラスに対するアンチテーゼともいえるフルモデルチェンジを果たした。エクステリアでは BMWは「ブックエンド理念」と呼ばれるデザイン戦略を打ち出している。これは7シリーズとZ4を両極として、すべてのモデルがこの間に収まるというもの。そのポジショニングでは、この5シリーズはもちろん7シリーズの次。端正な7シリーズを、ややアグレッシブに振った、というところか。インテリアでは iドライブを核としたデザインながら、7シリーズとは違い、シフトノブを当たり前の位置に配置。ほどよい先進性と使いやすさの両立を実現。

日本に入ってくる輸入車は本国に比べるとかなり集約化され、2.5リッター直列6気筒DOHCの525i、3リッター直列6気筒DOHCの530i、 3.5リッター直列6気筒DOHCを搭載した530i。そして最上級モデルには4.4リッターV型8気筒DOHCを搭載した545iがラインナップされている。いずれも組み合わされるトランスミッションは6速AT。サスペンションはフロントがダブル.ジョイント.スプリング.ストラット、リアがインテグラル.アームというのは全グレード共通。またシートは、全グレード、レカロと並び称されるフランスの名門フォーレシア(元ベルトランフォール。日本では R32GT-RのシートやJRの新型車両のシートなどで有名)製で座り心地、ホールディングとも最高だ。

現行モデルで日本仕様に全車標準装備されるアクティブ.ステアリングは、市販車としては世界初の装備だ。世界的に高級車は走行中の姿勢を電子制御で機械側がコントロールする、というシステムが流行している。その最先端とも言えるアクティブ.ステアリングは、いざというときの危険回避をはじめとする姿勢制御で、これまでドライバーが勘と経験で行っていたステアリング操作をコンピュータが行うことにより、より的確により素早く処理しよう、というものだ。これにより危険時はもちろん、普段のコーナーの車体姿勢まで制御できるというもの。また7シリーズから採用されたiドライブは、これまで操作が煩雑だったナビゲーションをはじめとする室内装備のコントロールを8方向に動くジョグダイヤルで行うもの。ダイヤルを動かし、ダイヤルを回転させ、という一連の操作をよどみなく行うためにダイヤルの感触は重要。あらゆる電装系を操作するためのジョグダイヤルは日本の某カーオーディオメーカーが開発したものを採用している。

BMW

BMW中古車

関連エントリー

Z4 (BMW Z4) X3 (BMW X3) X5 (BMW X5) M5 (BMW M5) 7シリーズ (BMW 7シリーズ) 3シリーズ ツーリング (BMW 3シリーズ ツーリング) 3シリーズ セダン (BMW 3シリーズ セダン) 3シリーズ コンパクト (BMW 3シリーズ コンパクト) 3シリーズ クーペ (BMW 3シリーズ クーペ) 5シリーズ (BMW 5シリーズ) 3シリーズ カブリオレ (BMW 3シリーズ カブリオレ) 6シリーズ (BMW 6シリーズ) 1シリーズ (BMW 1シリーズ)